Product製品紹介

保温ジャケット

Description of item着脱が簡単で繰り返し使える保温材

  • 地球環境に配慮した構造
    保温材料を生地で覆っていることからチリやゴミなど無用な廃棄物を出しません。
  • 施工やメンテナンスを容易に
    専門性の伴う保温工事と比べ施工が容易にできます。
  • 省エネルギー対策に
    機器からの放熱を防ぐことでエネルギー消費の削減に有効です。
  • コスト削減に
    熱源に使用される電気使用量や重油使用量の削減に有効です。
  • 作業環境の改善に
    機器からの放熱による環境温度の改善に役立ちます。
    作業者の衝突トラブルや火傷防止の対策。
    防音対策としても効果が見込めます。
  • 設備環境の改善に
    周囲温度による影響の改善に有効です。
    機器停止中も一定時間保温効果が継続されます。
    設備の立ち上がり時間の短縮が出来ます。
  • 特殊形状にも対応
    オーダーメイドで様々な危機に対応した製作が可能です。
    現場採寸による製作も可能です。

Case study導入事例

  • 保温ジャケット

    規格表に乗っていない特殊なバルブ用の保温ジャケットの製作は可能か。

    特注が可能です。対象バルブの図面を頂き対象物にぴったり合った製品を納入致しました。

  • 保温ジャケット

    保温材を外す時にチリやゴミが飛散するため困っている。何かよい対策方法はありますか?

    保温材の変わりに保温ジャケットを使用する事により、解決いたしました。

  • 保温ジャケット

    メンテナンスが多く、毎回保温材を外す作業が大変で困っている。着脱が簡単な保温材はありますか?

    保温ジャケットをご提案しました。マジックテープ仕様であるため誰でも簡単に着脱ができ、繰り返し使える構造になっております。

  • 保温ジャケット

    蒸気バルブが剥き出しになっているため危険であり、環境温度も高くなってしまっている。何か対策をしたい。

    保温ジャケットをかぶせて対策しました。耐熱温度250℃(使用温度200℃)ですが、仕様変更によりそれ以上の温度でも対応可能です。

使用例

How to use使用方法

  • 機器に取り付けマジックテープ等でワンタッチで取り付けます。

Usage主な用途

  • ヒーター設備の保温
  • 配管ライン(バルブやポンプ)の保温
  • 熱交換器や殺菌機の保温
  • 製造装置の保温

Structural drawing構造図

※材質は、対象物によって変わります。
密度   約130kg/m³
熱伝導率 λ=0.0298 +0.000098 Θ(cal/mh℃)

お客様の「熱に関するお悩み」
まずはご相談ください

無料見積もり・温めのご相談等お気軽にご相談ください。

WEBフォームはこちら

注意点

  • 縫製品ですので無理に引っ張ると縫い糸が切れたり製品が損傷する場合がございます。
  • 強く擦ったり、鋭角な物で引っ掛けたりすると外装の布が損傷する場合がございます。
  • 縫製品の為、完全な防水構造ではございません。水の侵入は断熱性能が低下する原因になりますので、雨水等の水飛沫を受ける環境での使用は避けてください。
  • 本製品は、高圧蒸気、アルカリ用水が直接当たると劣化する場合がございます。

Flowお問い合わせから納品までの流れ

  1. STEP1

    お打ち合わせ

    電話・Email・Web会議・訪問等で
    お打ち合わせをさせていただきます。
    お気軽にご相談くださいませ。

  2. STEP2

    ヒーター選定
    見積仕様書作成

    お伺いした条件にて
    最適なヒーターを設計し、
    見積仕様書にてご提案いたします。

  3. STEP3

    御見積書の作成

    お見積価格や納期などを
    ご連絡いたします。

  1. STEP4

    設計製作

    ご注文の内容により
    製品を製作いたします。

  2. STEP5

    出荷検査
    梱包・出荷

    完成した製品の検査を行います。
    合格した製品は梱包し、出荷します。

  3. STEP6

    納品

    製品の仕様や施工に
    ご不明な点がございましたら
    お気軽にご相談ください。

Contactお電話でのお問い合わせ

東海(静岡)、甲信越、関東、東北、北海道エリアのお客様は東京支店、
東海(愛知・岐阜・三重)、近畿、北陸、関西、中国、四国、九州、沖縄のお客様は大阪支店へご連絡ください

東京支店 / Tokyo

TEL 03-3915-5881

大阪支店 / Osaka

TEL 06-6702-9355